産婦人科の選び方

まず、自分の身体に異常が感じられたら、
女性の場合、まず婦人科へ行くことをお勧めします。
【初診前】
産婦人科は、常に混んでいます。
初診の場合、病院へ行く前に、必ず予約を入れてから行きましょう。
受診日前日は、性交渉は避け、
当日はシャワーを浴びるなどして、清潔にしていきますが、
検診の際、おりものの検査もあるので、
ビデなどでの膣内洗浄は避けてください。

服装は、下着が脱ぎやすいように、
フレアスカートなどを着ていくと良いでしょう。

問診では、医師から詳しい症状などを聞かれます。
分かる範囲で、その症状が何時から始まったのか、
どのように感じるのかなど整理して、
あらかじめメモ用意して行きましょう。
基礎体温は、病気や症状の原因を見つける
重要な手がかりになるものですから、
つけている人は、それも持っていくと良いでしょう。
基礎体温表の備考の欄に、気になる症状を常にメモしておくと、
医師も原因を突き止めやすいと思います。

【受診当日】
受診前に、問診表に記入する項目の一部を紹介します。
・初潮の年齢
・前回、前々回の月経の開始日と、その期間
・過去の婦人科系の病気の有無
・現在治療している病気の有無
・薬のアレルギー
・花粉症や、食品などのアレルギー体質の有無
・家族の大病の有無
・出産・流産・人工中絶の有無、回数
・おりものの状態
大体、こんな感じです。
答えられる範囲で、きちんと記入しましょう。

【問診】
問診では、なかなか人に答えられないようなことを聞かれることもありますが、
これも、病気の原因を見つける為に重要ですので、
なるべく隠さずに、正直に答えることが大事です。
しかし、中には、非常識な対応をする医師もいるのが事実です。
そんなときは、従う必要はありません。

大学病院の中には、何の許可もなく、研修医に内診を見学させるところがあります。
受診前に受付などで聞いてくれる所もありますが、
無い場合でも、あらかじめ医師確認し、嫌ならはっきりと断りましょう。

【結婚前検診】
ブライダルチェックと呼ばれる検診です。
結婚が決まったら、必ず受けることをお勧めします。
これからの結婚生活を幸せに過ごす為にも、
そして、将来子供を望むカップルには重要なことなのです。

【セカンドオピニオン】
主治医以外の医師にも意見を求めることができるシステムです。
婦人病には、見分けにくい病気が多く、
宣告されても、どうしても、信じられない、信じたくないという場合も多いでしょう。
手術するにしても、ほかに方法は無いのだろうか?
まだ結婚もしていないし、子供も産みたいのに、
どうにか、その希望を断たないで欲しいけど、どうにかならないだろうか、、、
そんな時に、主治医の先生の意見に意義を申し立てるようで、
なかなか言いにくいですよね。
そんな時に、他の医師に診断してもらい、意見を聞くことができたら
どんなに心強いことでしょう。
何通りかの方法から、リスクやデメリットを考えて、
自分で納得した方法を選択できたらどんなに心強いでしょう。
それがセカンドオピニオンです。
あとで、後悔して、いろいろ悩むより、
このシステムで、自分の納得のいく診療をしてもらいましょう。


自分の身体の為にできること
© 女性ホルモンってなぁに?女性の健康情報. All rights reserved.