産婦人科に行こう

産婦人科って、妊婦さんが行くところという気がして、行きづらいんですよね。
でも、最近は、婦人科医療も発達していて、
今までは表立って騒がれなかった婦人科の病気も
取り上げられるようになりました。
一度行ってしまえばなんてことはありません。
普通の病院と一緒ですし、何も心配することはないのです。

男性の医師に診られるのが恥ずかしい。。。
年頃の女性がそう思うのも、当たり前、
どうしても嫌であれば、女医さんのいる病院を探しましょう。
受付の時に、女医さんにお願いしたいのですが、と一言添えて申し込みましょう。
女医さんなら、同性の気持ちはよく分かりますし、
細かい点に気づいてくれたりもします。

しかし、女医さんも色々で、女性は特に感情の起伏のが大きいですから、
全ての女医さんが、細かい点に気づいてくれるとも限らないのです。
きつい女医さんも中にはいますしね。
逆に、男性のほうが、女性の痛みを知らないために、
細かく丁寧に、いろいろ調べてくれたりします。

まずは、診察をしてもらい、安心できる先生にお願いするのが一番です。
もし、問診などの時に、気の無いことを言われたり、
この先生とは合わないと思ったら、
別の先生に代えてもらうのも一つの方法です。
言いづらければ、病院を代えるのも手です。
やはり、なかなか表立って言えないことだけに、
信頼できる先生に診断してもらいたいですものね。

そして、信頼できる病院、医師をみつけたら、
妊娠している、していないに関らず、一年に一度は、
検診に行くように心がけましょう。
30才を過ぎた女性は特に、婦人病が、
現われやすくなる年代です。
異状が感じられた時に、病院へいくことを躊躇することを避ける為に、
通いなれた病院、自分の身体を知っている先生をつくっておくことは大切なのです。


女性特有のがんの知識
© 女性ホルモンってなぁに?女性の健康情報. All rights reserved.