その他のホルモンの関係

他にも、女性ホルモンと密接な関係にあり、 作用して、いろいろな症状を引き起こすホルモンもあります。 FSH(卵胞刺激ホルモン) は、脳下垂体から分泌され、 排卵するための卵胞を発達させる働きをします。 この分泌が少ないと、無排卵の原因になります。 LH(黄体形成ホルモン)は、脳下垂体から分泌され、 卵胞を成熟させ、排卵直前に一気に分泌され排卵を促す働きをします。 FSHやLHなどの補助がないと排卵や月経は起こりません。 乳汁分泌ホルモン(プロラクチン)は、脳下垂体から分泌され、 母乳が出るようになったり、産後の無月経をおこす働きがあります。 ただし、このホルモンの分泌異常が起こると、 無排卵、無月経となり、不妊を引き起こす可能性が出てくるのです。 このように、女性ホルモン以外にも女性の体に作用するホルモンがあり、 これらも全て、視床下部の指令によって分泌されているのです。 もしも、体に異常があって、卵巣ホルモンを調べなくてはならなくなった時、 こういった可能性を考え、女性ホルモン以外にも、これらのホルモンの異常を 調べる必要性が出てくるのです。
女性ホルモンによる体の異常
© 女性ホルモンってなぁに?女性の健康情報. All rights reserved.