女性特有のがんの知識

○子宮ガン
女性特有のガンとしては一番発症率の多いものです。
初期は、自覚症状がありませんが、
進行すると、出血、腰痛、血尿などの症状が見られるようになります。
定期的な検診が、早期発見につながりますので、
なるべく定期検診を受けるようにしましょう。
腫瘍のできる場所によって、下記の種類が考えられます。
(子宮頸ガン)
子宮の入り口である子宮頸部にできるガンで、
30代の女性に多くみられます。
最近では性行為の低年齢化によって、
10代にも発生することもあるようです。
このように、若くして不特定多数の人と性交渉を持った人、
妊娠・分娩回数が多い人などがなりやすいと言われています。
これは、男性器の分泌物などに含まれる、
HPV(ヒトパピローマウィルス)感染などのウィルス感染が原因しているようです。
症状としては、進行すると、不正出血や血の混じったおりものなどが見られたり、
更に進行すると下腹部痛や、排尿障害、悪臭のするおりものが出たりします。
進行のスピードはあまり速くは無いので、
定期的な検診をしていれば、早期発見が可能になります。
ごく初期の段階では、レザー療法などで、子宮を残すことができますが、
進行すると、子宮を摘出したり、放射線や、抗がん剤治療なども行われます。
(子宮体ガン)
子宮体部に発生するガンで、閉経後の女性に多くみられます。
子宮内膜から発生するため、子宮内膜がんとも言われ、
ホルモンによる影響や体質などの要因が大きいと考えられます。
出産経験の無い人でも、近親者にがんになった人がいたり、
不妊の人などは、エストロゲンの長期投与などをした人、
またホルモンバランスの崩れている人などにも多く発症しています。
ダラダラ続いたり、突然止まるなどの不正出血があったり、
閉経後に出血がある、下腹部痛があるなどの症状がみられます。
進行していくと、子宮内に分泌物や血液が溜まって子宮が腫れ、
これを出そうと、子宮が収縮して、下腹部に痛みを感じます。
治療としては、放射線があまり効かない為に、手術中心に行われます。

○卵巣ガン
卵巣にできた悪性の腫瘍を言います。
卵巣は内臓の奥のほうにあり、症状が出にくい為、
自覚症状が出た時には、ガンが進行してしまっているので、
早期発見、早期治療が必要になってきます。
原因としては、肥満、高血圧、糖尿病、喫煙、
不妊治療に用いられる排卵誘発剤の使用、
動物性脂肪の過剰摂取が考えられます。

○乳がん
乳腺にできる悪性の腫瘍です。
日本の女性で、乳がんにかかる人は年々増加しており、
女性の中では一番多いガンです。
初期の症状では、乳房に小さなしこりやくぼみができます。
この為、唯一自分で発見できるガンでもあるのです。
セルフチェック方法としては、月経が終わってから、5日〜1週間後あたりの
乳房の張っていない時期に、乳房に違和感のあるしこりが無いか、
しっかりチェックしておきましょう。
なりやすい人としては、初潮が早く閉経の遅い人や、
未婚者、出産経験が無い人、高齢出産をした人、
子育てに母乳を使わなかった人、などがあげられます。
症状としては、乳頭や乳首の没落や、ゆがみ、乳頭からの分泌物
乳頭のただれ、痛み、皮膚の赤みが上げられます。
しこりを摘出するのが主な治療法ですが、
進行によって方法が異なります。
以前は乳房を切り取ってしまう方法が主流だったのですが、
現在では、よほどのことが無い限り、女性の精神的なショックを避け、
この方法はとられません。


子宮の病気
© 女性ホルモンってなぁに?女性の健康情報. All rights reserved.