乳腺関係の病気

○乳腺炎乳腺が炎症を起こす病気
授乳期に発症します。
 (急性化膿性乳腺炎)授乳中に乳首の傷から細菌が入り化膿するもの。
 (停滞性乳腺炎)
授乳が不十分の為、乳がが溜まり炎症を起こすもの。

○乳腺症
乳腺の代表的な病気で、乳房にできるしこりです。
閉経前の40代の女性に起こりやすく、乳房に鈍痛があったり、
わきの下が腫れるなどの症状があります。
ほとんどの場合良性なのですが、ガンと合併したり、
ガンと紛らわしいものも多いため、注意すべきです。
定期的な診察が必要で、ひどい痛みが伴う場合は
ホルモン剤や、漢方などで治療します。

○乳腺線維腺腫20〜30代の女性に多いが原因は不明です。
乳汁を作る乳腺にできる腫瘍。

コロコロとした硬いしこりができます、良性の為心配はありませんが、
どんどん大きくなるなどの症状の場合は、摘出が必要でしょう。


卵巣の病気
© 女性ホルモンってなぁに?女性の健康情報. All rights reserved.